銀行系のカードローンの特徴とは

カードローンにもいくつか種類がありますが、大きく分けて消費者金融系と銀行系が存在します。
ではこの二つのうち、銀行系のカードローンはどのような特徴があるでしょうか。

まず一番の特徴といえるのは、消費者金融系よりも審査が厳しいことです。
もちろんカードローンで借入することができる金額自体は住宅ローンの上限額よりははるかに低いため、特別に審査が厳しいというわけではありませんが、やはり金融機関である以上消費者金融に比べると厳しくなります。

次に銀行系カードローンは、限度額が高くなります。
消費者金融系であれば10万円から100万円ぐらいまでの範囲で借りることができますが、銀行系であれば10万円から300万円、銀行によっては1000万円まで借り入れをすることが可能なところがあります。
審査が厳しい代わりに借入金額が大きくなっているのです。
この点、だれでも最高金額まで借り入れすることができるかが問題になりますが、結論的にいえば収入によって決まりますので、収入が700万円から1000万円までないと限度最高額まで借り入れをすることはできません。
なお、総量規制については貸金業法の話しになりますので、銀行系カードローンには適用されない点は注意が必要です。