返済が不可能になったら任意売却を

 家を建てたりマンションを購入したりするという事は、かなりのお金が必要になり、金融機関からローンを組むことも少なくありません。でも、必ずしも返済できるという保障はないので、金融機関は、購入する予定の不動産を抵当に入れる場合が多いです。実際に返済不可能になり、不動産を売却しなければならなくなったら、その時は金融機関に、抵当権を解除してもらわなければなりませんね。
 新聞にも時々載っている売却という方法で売られると、一般的な市場価格よりも低い値段で買われてしまいます。そうなると、銀行も債権者からより多くの債務額を回収することが不可能になるので、損失がでてしまいます。そこで、不動産屋などに間に入ってもらい、できるだけ市場価格に近い値段で売却することを試みるのです。これで売却ができるとなると、銀行も貸付に近い金額を回収できるし、債務者も返済額が減るし、お互いのメリットになります。このような不動産売却方法を、任意売却といいます。
 そして、任意売却の際には、必要な書類も何点か揃えなくてはなりません。迅速に完了させて不動産売却できるように、自分でもネットなどで調べたり専門機関に聞いたりして準備を進めましょう。